私OSAの最強化への道

トップページへ 》》 ダイエットプログへ 》》 ダイエットを成功させるために

ダイエットを成功させるために

@太る仕組みを把握する

肥満の人の体内で、中性脂肪の合成を促進し分解を抑制しているのが、すい臓から分泌される『インスリン』というホルモンです。糖質の中でも、甘いものに多く含まれる砂糖・果糖は、すみやかに吸収されるという特徴があります。体内に急激にブドウ糖が増えると、これを分解するためにインスリンが大量に分泌さ
れます。

自分はどうか? →とにかく甘いものは大好き(特にジュース類。高校時代から午後○○などよく飲んでいた。)夏は、高校から家に帰るまで『2リットル』飲んでいた。だから太る


A脂肪のタイプ

脂肪には、3つのタイプがある
@過形成性肥満。(脂肪細胞の数が多い)子供のころから太っていた。

A
肥大性肥満。(脂肪細胞の数は多くないがサイズが大きい)若いころは普通で、大人になってから太りだした。

B
連合性肥満。(脂肪細胞の数が多くサイズも大きい)子供の時から太りだし、大人になってさらに太った

自分はどうか?→昔は、痩せてた。高校1年で50kg(身長160cm)ぐらい社会人になった年80kg(身長165cm)

Bライフスタイルを考える

食習慣・運動量によって肥満は左右される。自分の生活習慣を考えて太った原因を知ろう。

自分はどうか?→食習慣については@朝ご飯を食べなかった。A1回の食事が量が多かった。B間食が多かった。C電車やバスですぐ座っていた。D歩く量が少なかった。Eストレスを飲み食いで解消していた。

Cエネルギー吸収のバランス

簡単なことであるが、エネルギーの消費と吸収のバランスがあっていたら太らない。いかに運動が少ないか?または、吸収が多すぎるかが問題である。

自分はどうか?→今までは食べすぎで運動不足だったのだろう。これが、肥満の原因である。ここを改善すれば痩せれるはず。

では、どうやってダイエットをするか・・・

基本は運動量>食事でないといけない。

inserted by FC2 system